2020年度までは「ミラサポ専門家派遣」という仕組みが、2021年度から新たに「中小企業119専門家派遣」と生まれ変わりました。これまでのミラサポ同様に中小企業の様々な課題にその分野の専門家が課題解決に向けた支援するという仕組みです。

中小企業119 (chusho119.go.jp)

中小企業119

以前、ご紹介していました「ミラサポ」の専門家派遣事業がありましたが、その事業が「中小企業119専門家派遣」制度に変わる形ですね。

違いは専門家データベースがなくなり、専門家を指名することができなくなりました。

派遣を申請したい方はまず商工会議所や商工会、信用金庫などの支援機関に相談してください。支援機関はその相談内容に応じて、専門家を選び企業に派遣する段取りを取ってくれます。

「新しく事業を始めたいけど、何から手をつけていいかわからない」 「資金調達の方法が分からない」「そろそろ海外との取引も開始したいけど実績がない…」 「ITを活用して、販路拡大を実現したい」「IT導入補助金を活用し、ITツールの導入に繋げたい」。 そんなときは、ひとりで悩まず、まず支援機関に相談してください。 支援機関は皆様のお悩みに対する回答をするだけでなく、 解決の難しい課題も中小企業119に登録されている専門家に支援を依頼することができます。 中小企業の経営に関わる各分野の専門家が、課題解決に向けたお手伝いをします。 派遣による相談は今年度2月末までの間に、原則3回まで無料で受けられます。

ミラサポに引き続き、吉田は119の派遣専門家として登録されております。