「集客」と「成約」、ホームページでする2つのこと

「問い合わせが欲しい!」「資料請求して欲しい」「お店の来店客を増やしたい!」「注文が欲しい!」

「チラシを撒いたが反応がない!」「DMも反応がない!」

「ネット時代ですよ」「そんな悩みならホームページだよ」と、
そんな話に乗って作ってみた。

しかし、「アクセスがない!」「問い合わせがない!」

ネットユーザーである消費者は何かあれば情報を探し、比較したり検討したりした上で、会社・お店にお問合せをする。来店するという行動をします。

しかし、反応がない、上手くいかない。

ホームページ、インターネットの活用で疑問や悩みとしてお聞きするのは、以下のようなものがあります。

「どのように作って良いか分からない!」
「ホームページ制作会社をどこにするか迷っている!」
「アクセスがない、反応が無い!」
「更新が負担になっている!」

まだ、ホームページが無いという事業者の方、
既にホームペジはあるが何の成果も無いという事業者の方、
ホームページを成果のでるものにするにはネットを使う人、ユーザーの心理を理解することやインターネット、ホームページ制作についての基本的なことを知っておく必要があります。

押さえておきたい2つのこと

1.お客様を集める
ホームページにより多くのアクセスを増やすこと、見込み客となっていただける人により、多く訪問していただくことが必要です。
しかし、ただ単にアクセスを増やせばいいものではありません。見込み客になっていただける人にアクセスをしていただきたいのです。

2.お客様に成約いただく
数ある競合するサービス、企業、店舗の中から「ここが良さそう」と選んでもらい問い合わせをいただく、資料請求をしてもらう、実店舗に来ていただく、購入していただくこと。

ホームページで営業し、目的を達成するためには、この2つのことを押さえておく必要があります。

訪問者数(アクセス)を増やし、成約率を高めるようにすれば売れるホームページの出来上がりです。考え方は簡単ですね。

それぞれ、そのためにどのようにすればいいのか?

 

1.お客様を集める

検索で存在を知ってもらう
ホームページに多くの人に来てもらうこととは?

インターネットを使う人のほとんどは「Google」「Yahoo」といった検索サイトで検索をしてやってきます。そこで検索結果として表示されることでクリックしてもらい訪問してもらうことになります。

花屋さんのホームページを例とすると

お花屋さんを探している人は、「花屋」「花屋 地域名」といったキーワードで検索をすることが多いでしょう。

そして、その検索結果に表示されたタイトル、説明文の一覧から目的に該当しそうなところをクリックし訪問します。

実際にはお花屋さんを探しているのでも、「自宅近所で探している」、「ギフトで贈りたい」、「ガーデニングの苗が欲しい」など、どのようなニーズ、目的で探しているのかによって検索するキーワードは変わります。

「花屋 地域名」「店舗名」「花束 ギフト 地方発送」「花の名称 通販」
といったように、何のために探しているかで検索するキーワードが違ってきます。

そのお店がどんな花を販売しているのか、どんなニーズに対応しているところなのか、ホームページ内に内容、記事をしっかりと作っておかなければなりません。
そうでなければ検索対象にはならないのです。

検索結果に表示されないことは、存在してないのと同じ、ネットユーザーの目的に関連するキーワードで検索されなければなりません。

より多く、来訪してもらうためには

しかし、検索対象になっていてもそれが結果の上位に表示されないとその選択対象になりません。検索をする人は一般に結果表示の1ページ目か2ページ目までしか見ないというのがほとんどです。

その花屋さんのページが3ページ目に表示されていたとすれば存在すら知られないことになりかねません。

地域で店舗を持っている花屋さんですと実際には、近所に住む人は知らないということはなく、ニーズにもよりますが花屋さんの「店舗名」での検索がありますのでその限りではありませんね。

※店舗がある場合には、地域名を含んだキーワードで検索すると検索結果の上位の方に、そのエリアの地図と関連する店舗がプロットされた一覧で表示されます。登録されるには「google」と「yahoo」それぞれ違いますが店舗であれば是非登録されるようにしたいものです。

※そもそもが、検索ニーズの有無がどうなのか?その扱っている商品やサービスにニーズが無ければホームページ自体が意味の無いものになります。ホームページを持つ意味があるかどうかから考える必要があります。

検索以外での集客
ホームページの存在を知ってもらう基本は検索サイトで検索されることですが、他にも存在を知ってもらいホームページに来てもらう方法があります。

リスティング広告を打つこと
公開したてのホームページですぐ検索が発生するには少し時間が掛かります。なので早く、多くの人に来て欲しいのであれば検索と連動したリスティング広告を出稿するのも一考です。

リンクをもらう
地域ポータルサイト、業種別ポータルサイト、ブログ、飲食系ですとぐるなびや食べログに掲載することでの経路を作ることができます。

その他にも紙媒体のタウン誌、フリーペーパー、ショップカード、看板に掲載されることで検索するきっかけを作ることもできます。営業で名刺を使う方は、ホームページの存在をちゃんと表示しましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

thirteen − 8 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください