geralt / Pixabay

今では、誰もがインターネットを利用しています。
電話帳として、辞書として、地図や時刻表として、通販ショッピングに、

何か分からないことや調べ物がある時にはまず、検索です。

ホームページを公開してもヤフーやグーグルなどで検索され、その検索結果に表示されなければなりません。
また、検索結果からクリックし訪問してもらうには検索結果のより上位に表示される必要があります。
それは検索エンジンに高評価を受けるということ。

検索エンジンはより情報を探すユーザーに対し、最適なWebサイト、ホームページを
教えることが使命です。

そのため、評価するためのプログラムは進化しています。

高評価を 受けるには、それに応えるための情報を盛り込んでいかなければなりません。
その情報を検索エンジンのクローラーが読みやすい構造で表現してくことが大切です。

見出しがあって、小見出しがあって、本文がある。
キーワードを盛り込んだ文章がより、多くあること。

新聞でもチラシでも文字がダラダラと書いてあるよりも見出しや太字になっている箇所が
あることで読みやすくなりますよね。それと同じで検索エンジンが読みやすいように表現
すると良い訳です。

そして、何よりも情報量があること。

他に、検索上位にするための要因がありますが、
まず、基本を押さえることが肝心です。

検索上位にするためにテクニックばかり考えるていると
結果、それを追いかけるあまり本来考えるべき事業のことがおろそかになります。

大事なことは、「役に立つ情報が質・量ともにあること」が何よりです。