ブログが大事

今日、うれしい電話がありました。
半年前ホームページのリニューアルをさせていただいた千葉県のプラスチック製造をしている会社社長からです。

「ホームページから問い合わせが入りました!」とのこと。

コンサルや制作に携わったものとして、本当に嬉しい報告です。

これは社長が情報発信をすることに真剣に取り組んだということが大きな要因です。
元々、wordpressで作ったブログのコーナーがありましたが、使いづらいとか上手く更新できないといった理由から、いつしか更新もとどこうっていました。

半年前、新たに同じくwordpressで構築しなおしたホームページ内にブログコーナーを設置したもので、

ここで、やっと成果が見えてきました。
中小企業の場合、特に製造業であればなおさらですが、Web担当者など置いておけません。営業マンもいません。また、PC作業にも慣れていません。

そのような中で、社長はスタッフを説得し、つたない文章でもコツコツ続けることで、まだ見ぬお客様にも技術や自分たちのことを知ってもらえるのだと、自らが先頭に立って全員で仕事のこと職場のことを中心にブログを更新しています。
それによって得られた成果であります。
小さい会社は経営者自身がホームページを持つ意味、目的を理解し、運用を推進していかなければ成果が出しにくいものです。

特徴や優位性といったことも良くわからない。大したものは無いと表現しにくいという場合、スタッフ全員でコツコツとブログを書いていけば徐々に伝えなければならないことも見えてきます。

社長!これからもコツコツいきましょう。