ネットユーザーにより多く訪問してもらいたい。

SEO対策はどうすれば良いのか?

内容を読んで理解して欲しい、反応してほしい。

ホームページ運営者はそう、考えます。

インターネットの利用者が増えWebサイト、ホームページだといっても、ただ広告をホームページに置き換えたところで効果は期待できません。

ホームページの目的やターゲットを考える上で、押さえておきたいのはインターネットを使う人、ユーザーの気持ちやその行動です。それを理解せずに進めると一人よがりがものになりがちです。

いくら一生懸命に内容を考え、格好の良い立派なホームページが出来上がっても徒労に終わる可能性があります。アクセスもなくお問い合わせもこないようなホームページなる可能性があります。

人は何のために検索するのか?
インターネットを利用するのは疑問や悩みを解決したい、困りごとを解決したいという目的があり、情報を得たいという欲求で検索しています。

そのためにGoogleやYahooなどの検索サイトを使っています。

カフェの場合なら
おししいコーヒーが飲みたい
ランチの場所を探す
待ち合わせ場所を探す、打ち合わせ場所を探す
テレビに紹介されて興味が湧いた

そんなところでしょうか。

テレビで名前が出る以外は大概「地域名 カフェ」とか「地域名 カフェ 打ち合わせ」「地域名 コーヒーの美味しい店」といた感じで検索します。

検索結果には、様々なお店の名前、ホームページのタイトルと説明文が表示されます。
そのタイトルと説明文を眺め、どこが欲しい情報があるところなのか上から順に
どこが自分の欲しい情報があるのかと探します。

そして、目ぼしいところを選択します。
見ているのは1ページか2ページまで。

訪問してみて

「お、ここは良さそう」「知りたい情報がありそうだ」
という場合には、さらに中にある内容を見ていきます。

もし、「ここは違うな」「分かりにくい」と感じれば
即、また検索結果に戻り他のホームページへと移動してしまいます。

それは、インターネットを使っている方ならば自らも普段、経験されていることでしょう。

そもそも何の目的で検索をしているのか?
どんなキーワードで検索をしているのか?
そこから考えておく必要があるでしょう。

必要かどうかパッと見で判断する

検索結果からタイトルや概要から興味を持ち訪問、ほんの2秒とか3秒で以降、内容を読み続けるかどうかを判断します。そのほんのわずかな時間にこのホームページが本当に欲しい情報があるのかどうかを判断します。

読み続けてもらうには写真やデザイン、コピーライトで気を引くこと、文章にメリハリを付けることなどして閲覧しやすくする工夫が必要です。
特にトップページは最初に見るページになりやすいので、何屋さんなのか、どんな商品・サービスでどんな解決方法を提供しているのかパッと見での印象が大切です。

宣伝なんか見たくない

基本、情報を求めているので商品、サービスの宣伝を見たいわけではありません
自分にとって必要な情報が欲しいのです。

ネットショッピングが目的での訪問だと
一方的な売り込みの情報ではなく、より安い情報、お得な情報、どこにも無いという情報ものが求めます。

●ネットの情報は不安だ
「上手いこと言ってるけど本当なの?」「ネットでの情報は疑っている人は多い
口コミでの「さくら」「やらせ」、銀行サイトの偽装、といった問題もあります。いくら良いことを言っても素直に信じてもらえないのです。

ですので、どうやって信用をしてもらえるかという内容を考えていかなければなりません。

ネットの情報は不安だ

「上手いこと言ってるけど本当なの?」「ネットでの情報は疑っている人は多い
口コミでの「さくら」「やらせ」、銀行サイトの偽装、といった問題もあります。いくら良いことを言っても素直に信じてもらえないのです。

どうやって信用をしてもらえるかという内容を考えていかなければなりません。
どのような内容があると信用に繋がるのか

□情報の説得力
ユーザー視点の内容
情報の質と量

□客観的な証明
お客様の声
権威者からの推薦の声
取引実績や売上数

□ブログ/メルマガで証明
FacebookページのLike Boxの「いいね!」数
Twitterのフォロワー数
RSSの購読者数
メールマガジンの購読者数